婚約指輪

婚約指輪は買わず、結婚指輪を豪華なものに!

夫婦ともに合意の上で、婚約指輪は買わず、結婚指輪だけを買いました。なぜなら、お金に余裕がなかったからです。いや、二人とも「ザ・安定」と呼ばれて久しい職種についていますよ。生活に困らないだけの暮らしはできます。けれど、婚約指輪というある意味では「思い出(というか記念品)」に投資できるだけの経済的な余裕はなかったのです。お互いに20代でしたし。

普段、つけているのは結婚指輪ですよね。婚約指輪は、滅多に披露しないじゃないですか。その婚約指輪のために100万円以上ものお金をかける気になれなかったのです。お互いに。奥さんにしても、「そこにお金をかけるのならば、新生活の家電にお金を使いたい」と考える人でしたので。

ですから、結婚指輪を少し高めのものにすることにして、婚約指輪は買わないことにしたのです。お金をかけるのならば、普段身につける方かなーという考えからです。とは言え、アラブの石油王ほどのお金があれば、婚約指輪も豪華なものを買ってあげたかったという思いはあるのですが。